【ソロキャンプ初心者】道具で最低限揃えるもののおすすめまとめ!

こんにちは!

なかなか旅行に行ったりもできず・・・

日々ストレスもたまりますが

ソロキャンプであればあまり人と接触もしないですし

大自然の中でストレス発散ができるので

始める人も多いですよね!

しかし・・・

しば
何を持っていけばいいのかわからない

というのが本音ですよね!

しかもサイトでおすすめしているものを見ても

実際よくわからない笑

そこで!

ガチ初心者の筆者が実際に行って

つっきー
これがあった方が楽しめる!

と感じたものをまとめていきます♪

それでは早速行ってみましょう!

【ソロキャンプ初心者】キャンプに何を目的に行くか!

まずここが重要ですよね!

何をしにキャンプに行くのかによって

持っていくべきものも少しずつ変わると思います。

しば
日帰りならシュラフもいらないしね
つっきー
天気が良かったらテントも最悪いらない!

ということで、

  • 日帰りでキャンプに行くのか
  • 日帰りキャンプでご飯は作るのか
  • 1泊していくのか

などなど

キャンプ場へ行く目的を明確にすると

持っていくべきものも把握しやすくなると思います∧ ∧

それぞれの目的ごとに揃えるべき道具

をみていきましょう。

 

【ソロキャンプ初心者】道具で最低限揃えるもの!

まず目的別に見ていく前に

よく紹介されているオーソドックスな最低限必要なもの

をチェックしていきましょう!

 

  • テントorタープ
  • シュラフ
  • テーブル&チェア
  • キッチン道具(クッカーやバーナーなど)
  • ランタンやヘッドライト
  • 焚き火台

 

この辺りが最低限必要なものたちになります。

しば
これは宿泊を前提とした荷物だね!
つっきー
やっぱりキャンプと言ったら泊まりもこみよね

 

ここから

 

  • キャンプへ行く目的
  • キャンプ場の設備

 

によって必要な道具をカスタマイズしていくといいと思います!

ほぼ自然のまま(山の中とか・・・)でない限り

ベンチやかまどが最初から設置してある

という場所も珍しくはないので

そう言った場合には椅子なんかはなくてもいけます♪

 

ちなみにキャンプへ行く際には

できるだけ最低限の荷物で

撤去作業がしやすいように

というのもあり

『一つの道具を複数の役割で使う』

というキャンパーの方が多い!!

しば
初めて使うものも多いのにそんな器用に使えるかな?

あまりにも必要最低限のもので行くと

使いこなせなくて困った事態になることも・・・

初心者まるだしでも荷物が少し多くなっても

まずは最初は安心できる内容でキャンプに行こう!

 

そのためにも

事前に予約したキャンプ場のレンタル用品の種類を把握

しておくといいですね∧ ∧

 

【ソロキャンプ初心者】最低限揃えるもの〜日帰り調理なし編〜

先ほどベーシックな道具で宿泊パターンを見たので

日帰りキャンプで調理をせずにまったり過ごす場合

を見ていきましょう!

しば
大自然の中でゆっくり読書とかいいね

 

必需品
・テントorタープ

・テーブル&チェア

・ペットボトル飲料

・軽食

以上です!笑

これが一番気軽なスタイルでしょう。

もし実際に行ってから足りないものがあれば

キャンプ場でレンタルしちゃいましょう!

ただ大自然の中でのんびり過ごしたい。

という場合には

これだけあれば十分です。

テントやタープは晴れた日などでも

直射日光や風を避けるため

などにもあった方が便利だと思います。

大体のデイキャンプの時間帯が

朝9時〜夕方17時くらい

の間で滞在ができますので

流石に何も食べないでずっといる・・・

というのは厳しいです><

近場のコンビニなどでおにぎりやサンドイッチ、お弁当

好みの飲み物を持っていけば

それだけで優雅な時間を過ごせますよね♪

場合によっては

熱湯

コーヒーミル

ドリッパー

マグカップ

だけを持参して

淹れたてのコーヒーを飲む

というのも贅沢な時間だと思います。

【ソロキャンプ初心者】最低限揃えるもの〜日帰り調理あり編〜

それでは先ほど調理なし編だったので

日帰りキャンプでその場で調理もする場合

の最低限揃えるべきものをみていきましょう!

必需品
・テントorタープ

・テーブル&チェア

・ペットボトル飲料

・焚き火台

・調理器具(作りたいものに合わせて)

・食器類

・ブッシュクラフトナイフ

・軍手or耐火グローブ

と言った感じですね。

作りたいものにもよりますが

生ものを扱ったり冷えた飲み物を用意したいのであれば

保冷バックかクーラーボックスはあるといいですね!

あとは、

焚火をするのであれば

ブッシュクラフトナイフ

はあった方が絶対に便利です!

キャンプ場によって薪の加工方法が違うため

角材のように加工されているものならいいのですが

ただ木を割っただけのタイプの場合には

ブッシュクラフトナイフを使って

少し割って燃やした方が燃えやすいですし

少しずつ使うことができるのでお勧めです!!

 

また、キャンプ場によっては

直火OKな場所と直火NGな場所

とがありますので

ここは予約時にしっかりチェックが必要です!

かまどが設置してあるキャンプ場もありますが

焚火だいがあった方が

いろんな調理が楽しめて便利ですよ♪

焚火台にはこのように上に鍋を置いたり

直接焼き物ができるような棒?がセットになっているものもあります。

A4サイズのノートくらいにコンパクトなものもあるので

こちらはかなりお勧めです!

気になる方は別記事でまとめていますので

こちらもご覧ください↓

【ソロキャンプ初心者】おすすめの焚火台とマナーについてのまとめ!

 

【ソロキャンプ初心者】最低限揃えるもの〜宿泊編〜

続いては宿泊編ですが

一番最初に紹介したベーシックな持ち物にプラス

日帰り調理あり編の荷物をプラスしていけば

問題ないでしょう♪

それとプラスしてシュラフだけでは

地面の固さが気になるかも・・・

底冷えしないかな?

と心配な方は

折り畳みor丸められるマットを持っていくと安心ですね!

【ソロキャンプ初心者】最低限揃えるもののまとめ

今回はキャンプの目的別に

最低限揃えるべきものについてまとめていきました!

初めてキャンプへ行く場合には

予約するキャンプ場の詳細をチェックして

レンタルできるものはレンタルで済ます

足りないものや細々したものは購入or自宅にあるもので代用

というのがいいと思います!!

キャンプ道具は高額なものも多いので

最初から全て揃えるのは難しいと思います・・・><

もしくは・・・

今は100円ショップでもかなり本格的なキャンプ道具が揃えられるので

スタートは100円ショップの道具でもいいと思います!

別記事で100円ショップで購入できる

キャンプで使えるグッズをまとめていますので

合わせてこちらもチェックしてみてくださいね♪

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です